ニュース

「日経メッセ」にエルゴジャパンなどが出展

最新技術や製品、デザインなどの総合展示会「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」が3月1~4日、東京都江東区の「東京ビッグサイト」で開かれ、817社が出展。業界関連企業では、エルゴジャパン、アビックス、テラモト、SPinno、ブライトなどが参加した。エルゴジャパンは、ウイルスを99・995%除去する高性能フィルターを搭載した喫煙ブース「スモーククリア」をPR。福田裕二本部長は「今回は、飲食関係の出展社・来場者が多い、(日経メッセ内の)フランチャイズ・ショーに参加しました。『スモーククリア』をもっと広げてくための販売パートナーの募集もかねています」と話した。アビックスは、デジタルサイネージのクラウド型映像配信システム「DiSi」をプッシュ。テラモトは、ベルトパーテーションのポールの上部に掲示するポスターパネル「ミセルベルパーニ」を、SPinnoは、店舗の販促物の依頼や注文をインターネット上で管理・共有できる業務管理クラウドシステム「SPinno」を、ブライトは、太陽光に負けない高輝度(7000cd/㎡)の屋外用LEDサイネージ「Bright Vision」シリーズを、それぞれ紹介した。

プレイグラフ 2022年3月3日
HTML Comment Box is loading comments...